ワンちゃんの体型に合わせた型紙作りからニット服を作る「ワンちゃんにやさしいニット服編み物教室」

生徒さんからの質問〜ニット作品に、アイロンがけってするんですか?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
横浜 : ワンちゃんのニット服編み物教室

横浜:ワンちゃんのニット服編み物教室です。

ワンちゃんの体型に合わせた型紙からニット服を作り、ストレスを与えない『ワンちゃんにやさしいニット服』を提案しています。

写真が好きな方は、Instagramで繋がってくださいね。

ニット作品に、アイロンがけはするんですか?

今日は、生徒さんからいつも聞かれる質問に回答します。

アイロンがけって、するんですか?

はい、アイロンがけしますよ。

でも、毛糸で編んだ生地に普通にアイロンを押し付けてはしません!

そっと、スチームアイロンをかけます。

 

作品の途中〜スチームアイロンの仕方

では、アイロンがけの方法を説明しますね。

①型紙をアイロン台の上に乗せ、作品を乗せて、型紙の周囲に合わせてピン打ちをする。

ピンは、角を打ってから、ピンとピンの真ん中あたり、またその真ん中あたり〜と言うように、何か所か打っていきます。

製図に沿って、ピンは、寝かすような形で差し込みます。

製図より出来たパーツが小ちゃかったら?

 

はい、出来たパーツや、作品が小さかった場合は、製図に合わせて引っ張り気味でピン打ちします。
作品の場合は、わんちゃんのお腹の大きさに合わせたタオル等を丸めて、伸ばしたい大きさにしてアイロンがけをします。

また、反対に大きかったときは、やはり、製図に合わせて生地をダブらせる形になりますがピン打ちします。

②スチームアイロンの準備をします。

浮かせてる?????

 

そう!こんなふうに浮かせて、スチームを生地に当てるようにして、

触ってみて生地の温度が上がっていれば、OKです。

やった〜!かんたん。これで終わり?

 

いやいや、冷めるまで、そのままですよ。

スチームの熱が冷める時に、生地が伸びたり縮んだりして、製図通りのサイズに落ち着くんです。

※これは、あくまでも、ゲージ通りに編めている前提の話です。※
ゲージ通り、型紙通りに編めていない物を、引っ張って伸ばす(または、編み過ぎたものを縮める)という意味ではありません。

 

スチームアイロンをかける利点

 

わざわざスチームアイロンするのって、面倒だなぁ〜

 

そうだね。そう思うよね。

でもね。スチームアイロンをかけるのは、こんな利点があるからなんです。

スチームアイロンをかけるのは、
1、型紙通りのゲージで編めているのか?確認
2、接ぎ合わせる時、端の目がわかりやすいので、拾いやすい。
3、編み地が整うので、よりきれいな作品の仕上がりになる。

 

めんどうだなぁ〜って思う、ちょっとしたこのひと手間が、意外にも、きれいな作品を作る近道なんです。

ワンポイントアドバイス

 

実は、作品を作り始めるとき、ゲージを作った後もこの作業をします。

でも、ゲージのスチームアイロンは、経験がないと難しいのです。
レッスンでは、編んでいただいたゲージを確認し、
製図から編み出す目数や段数を割り出していきます。
何回か経験すると、目が慣れてくるので、ご自分でも判断できるようになります。

 

いかがでしたか?

いかがでしたか?
今回の生徒さんからの質問「アイロンがけってするんですか?」は、疑問は解消したでしょうか?
ご質問は、いつでも受け付けています。

お返事は、このブログでさせて頂きます。

また、LINEでも、受け付けています。

お気軽にご登録くださいね。

LINE登録は、こちらです。

line://ti/p/@dyn2780h

 

ボールのおもちゃ


犬猫のおもちゃボール

ボールのおもちゃを、BASEにて販売しています。
Ohhio Braidは、中空糸で満たされた綿のチューブです。

洗濯機で洗え、耐久性があり、ペットに優しいです。

特別に輸入し、製品化しています。

この記事を書いている人 - WRITER -
横浜 : ワンちゃんのニット服編み物教室

横浜:ワンちゃんのニット服編み物教室です。

ワンちゃんの体型に合わせた型紙からニット服を作り、ストレスを与えない『ワンちゃんにやさしいニット服』を提案しています。

写真が好きな方は、Instagramで繋がってくださいね。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

Copyright© ワンちゃんのニット服編み物教室 : 横浜 , 2019 All Rights Reserved.